もう一人の未成年少女が発覚ゲス川谷の呪いはまだまだ続くのです

もう一人の未成年少女が発覚ゲス川谷の呪いはまだまだ続くのです

今や連日週刊誌やスポーツ新聞を賑わすほどの有名人となったゲスの極み乙女のボーカル川谷絵音。

先日のほのかりん事件から更なる余波が!ほのかりんを囲っていたゲス極ハウスにもう一人未成年少女がいたというのです。

すごい、すごすぎるぞ川谷絵音。そのゲスっぷりは他の追随を許しません!!

スポンサーリンク
日刊女性アウト

ゲス極ハウス?

このなかば半同棲状態とまでいわれている川谷絵音のマンションは以前奥さんとくらしていたマンション。そこにほのかりんがいたところまではわかります。はい。

しかしそこには他にも住人がいるのだと言います。

「川谷さんと半同棲していた自宅には、ほのかの友人でNHKの番組で共演するIという19歳のタレントも入り浸っていたんです。Iは9月頃から“ほのかと一緒に住んでる”と周囲に語っていて、ほのかの非公開インスタグラムには“(川谷の部屋に)帰宅したら、Iがご飯を作ってくれていた”というコメントとともにIの写真もあった。川谷さんと3人で過ごす時間もあったみたいですね」
(引用:ポストセブン)

てことなのですが、このIなる人物。別のニュースでは名前が割れています。その子が石神澪ちゃん。

石神澪て?

はい、ほのかりんと同じRの法則にレギュラー出演している子みたいです。石神澪ちゃんはまだ19歳ということなので、こちらもなにやらいろいろ出てきそうな感じがございますw。

石神澪とほのかりん

石神澪とほのかりん

半同棲とはいったものの、実際にどのような関係だったのかは事務所も把握していないようで、建前上は一緒に住んでいる事実は無いと回答しているとのこと。

しかしなぜ3人なのか?ゲスハーレムを築きあげることに成功したのでしょうか?でも内情は違う模様。

どうも今回の不倫は川谷絵音がほのかりんにベタ惚れ状態で、ほのかりんの希望は何でも叶えてあげるようなスタンスだったみたいです。そんななかで、ほのかりんの親友である石神澪ちゃんも部屋に上げるような事態になっていたという話みたいです。いやはやなんとも・・・。

なので実際はハーレム状態なんてことにはなっていなかったっぽいですが、なんかいろいろ面倒なことになりそうな感じで嫌ですねぇ・・・。

でこの石神澪ちゃんもやはりRの法則からは降板させられている様子で、見事にゲスノートの餌食となってしまいましたとさw。

川谷絵音ツイッターでかぶく?

こんな状況になってしまったので、さすがにゲスの極み乙女自体も今年いっぱいで活動を自粛すると発表しました。

やはり何か悪さをしでかしてしまった場合、本人の希望には関係なく何らかの制裁措置?禊みたいな感じのものが無いと世間が納得してくれないんですね。

ベッキーは数々のレギュラー番組を降板し、CMも壊滅。タレント生命自体が瀕死の状態まで追い込まれました。今でこそ復活の兆しが見えてきましたが、相当な損失です。

それに見合ったモノを世間は川谷に求めています。なのでメディアもこぞって川谷叩きに注力している感じですね。なので事実を捻じ曲げて報道されるニュースも多いかと思います。

川谷絵音

なんてこった・・・

メディアに反論?

そんな報道に川谷自身がツイッターで怒りをあらわにしているのだとかw。

報道では「2018年ぐらいには良い意味でのフラッシュを浴びたい」と活動自粛から18年の復帰を目指すってことみたいだったのですが。

これに対し川谷は

「2018年に復帰なんて言ってない」

「MCの内容も前後を無視して捻じ曲げる。何でそうまでして嘘や憶測でニュースにするんだろうか。ファンに対して話した言葉を捻じ曲げる、まあもうそうなることはわかっているんだけど」

と大変お怒りのご様子です。

まぁそうなんですよね。たしかにちょっとした発言でも違う角度からの解釈でいかようにも書けてしまうのがライターの腕のみせどころでもあります。

あきらめましょう♪今は全力で川谷絵音を叩きまくるターンです。もはや何を言っても叩かれるしかない状況なのですからwww。

ゲス極ハウスまとめ

数人が一緒に暮らす状態はセカオワハウスが有名ですが、アレもある種異常な状態だとは思いますw。ま、仲良くやってるならそれで良いのですが。

今回のゲス極ハウスもなんだかおかしな状況です。やはりそんな不自然な状況は長続きはしないといった感じでしょうか。

で、叩かれまくりの川谷絵音ですが、おそらくこの状況は業界全体としてベッキーを推していくための下準備の一環なのではないかなーと考えます。

もう少し何か新しいネタも出てきそうですが、そろそろこのあたりで収束していくのかも。

No votes yet.
Please wait...
スポンサーリンク
日刊女性アウト
日刊女性アウト
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする